お知らせ‎ > ‎

卒論生の演習成果報告会

2013/06/29 9:15 に 矢口尭 が投稿   [ 2013/07/01 1:55 に更新しました ]
卒論生が前期に取り組んだ演習の成果を報告します。
Preferred Infrastructureの皆様が、ゲストトークをしてくださいます。

日時:2013年7月5日 17:00 ~ 
場所:東京工業大学 西8号館8F 809
費用:懇親会費(〜3000円の予定)
Facebook:
http://www.facebook.com/events/401417209979665/
配信:http://www.ustream.tv/channel/shudolab1

プログラム:
17:00 ~ 19:00 課題発表
19:00 ~ 20:00 ゲスト 御講演
20:00 ~ 懇親会(その場で)

*ゲスト*
Preferred Infrastructure
Jubatus チームリーダー
比戸将平様

*首藤研メンバー*
「二次元平面上のP2Pオーバレイネットワークにおける 経路表の順序関係に基づいたルーティング手法」北條真史
2次元平面上のノード群でP2Pオーバレイネットワークを構成し,柔軟な経路表(FRT)の考えによって様々なルーティング効率を考慮できる経路表構築手法を考案しました.今回私は,ルーティング効率の一例としてホップ数の削減に注目して経路表構築を行うアルゴリズムを実装し,評価実験を行いました.

「LSM-TreeにおけるC1 treeの数と読み出し性能の関係」高塚康成
LSM-Treeは書き込み性能に特化したディスク向けのデータ構造で,Google Bigtable等の数多くのNoSQLで用いられている.書き込みおよび削除はディスクのシークが不要であるため速いが,読み出しはディスク上の複数のC1 treeを読む必要があるため遅くなりがちである。しかし,C1 treeの数が少ない状況では,読み出し性能に特化したデータ構造に迫る性能を発揮するはずである.C1 treeの数を抑えたLSM-Treeの性能をB treeの類と比較した.
Comments